読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Can't take my Eyes off …Who?

There's nothing else to compare

振り返れば 遠く足跡はつづく

AWARD

先日の「Kis-My-Ft2楽曲大賞」に投票しました!
本家…というか毎年やってる「ジャニーズ楽曲大賞」さんのスピンオフとして年にひとつふたつグループ別の楽曲大賞がありますけど、実はあんまり参加してないんだよね。いつも参加する気持ちだけはあるんだけどw だいたい「ジャニーズ楽曲大賞」さんでやるときって○周年のときだしそういうアニバーサリーイヤーってことはそれなりの曲数もあるし結構選定するのが大変だったりするので…去年のV6楽曲大賞も投票する気満々だったんだけどとりあえず好きな曲ダーッてリストアップした時点で80曲くらいになってしまいw 締め切り前がおもいっきり現場期間(サマステ)だったしで結局絞り込めずに終わった。なのでグループ別に投票するのはNEWSの10周年の時以来かなぁ…?キスマイについてはそもそも5周年くらいだとそんなに膨大な曲数でもないし、私としても好きな曲というか投票してコメントしたくなるような曲って結構サクっと絞れそうな気がしたのでわりにサクっと決めました。あとやっぱ去年今年と現場行って、祭りに乗っかっておきたい感じはあったのでw
結果発表もTwitter上の発表は半分くらいリアルタイムで見てたけど、私のTLだとあんまり投票してる人いなくてアレだったけど楽しかったです。最終的に各担当の担タレぶりっつーか性質がむちゃくちゃ浮き彫りになったのとか含めてすごい面白かった。ずっと面白がってる外野でほんとごめんw
というわけで以下私の投票曲とコメント。

第1位「キミとのキセキ

気がついたときには耳にするたびに胸が締め付けられるほどに好きになっていた曲だけど、何がそんなに好きなのかと考えてみてもよくわからない。突飛な展開も尖ったアレンジもなくひたすらに王道!売れ線!ポップス!アイドル!って感じの曲なので意外性は少ないかもしれないけれど、実はキスマイってJr.時代からこういう王道ポップスもすんなりと似合う人たちだったなぁと思い出した部分はあるかもしれません。大げさじゃない日常の中の煌めきを具現化したように響く鐘の音も、みんなで手を振って回しながら歌えるコーラスもとにかく好きです。

ぶっちゃけトップ3は最初からほぼ決まってたんでこれも自分の中で早々に当確は出してたんだけど、マジでこれなんてコメントしよう…!?って最後まで悩んでた。んで悩んだ結果こんなコメントに…なんだろうね、ほんとなんでこんなに好きなのかよくわからんw ダメ押しされたのは2015年サマステのチーム羅なんだけど、もともとそれより前からめっちゃ好きだったんだよなー。ほんとにびっくりするくらいのフックのない王道売れ線アイドルJ-POPで発売当時の世の中とジャニヲタのリアクションもそこまで良くなかったし私も最初からこんな好きだったわけじゃないんだけどな、なんだろうマジでw でも理由はなくとも好き!!っていう衝動こそがもしかしたら一番本物で一番強いかもなぁとも思っているので、今の私の1位はこれしかないって確信はちゃんとあるよ。イントロの鐘の音を聞いた瞬間に自分の中のトキメキメーターみたいなものがギュゥーーーーンって一気に上昇するからね!!好き!!

第2位「Shake It Up」

最初の印象もJr.のドラマだし個人的には実際にこの曲を歌ってるのを見たのもキスマイよりJr.の方が多いんじゃないかって感じ…ですが。誰が歌ってもとにかくめちゃくちゃ強そうだし、なんか知らないけど体が動いて盛り上がってしまうのはまぎれもなく楽曲自体の力じゃないかと思います。

今のところ年間の楽曲大賞で唯一票を入れたことがあるのがこれ。4枚目のシングルだっけ?デビュー前とは違うどこか余裕のあるギラギラ感というか、チャラさとギラギラのブレンド具合が面白くて、無敵な感じが当時から好きだった。これもイントロのドゥーン!!って音聞いた瞬間きったぁぁぁ!!ってなるんだけどこっちはもはやパブロフの犬的な何かな気がするw どう考えてもジェシーとか北斗とか安井とかあのへんのJr.が歌ってるのを見た回数のほうが本家たるキスマイより多いしそんなこと言ってたら勝利コンでまた高校生くらいのJr.が歌ってて笑ったけどw ほんと、誰が歌ってても楽しいし踊りたくなる。向こうが踊ってなくてもこっちは勝手に踊ってるよ!なんで今年のツアーはキスマイがちゃんと踊ってくれて嬉しかったね!!

第3位「MU-CHU-DE 恋してる」

“キラキラ”とか“魔法”とか“秘密”とか、こっちが恥ずかしくなるようなおとぎ話ワードもこれだけ堂々とぶっこまれるとうっかりキュンとしてしまう。うっかりこっちが恋してしまう。CMでの藤ヶ谷くんソロバージョンもサラっとスウィートで好きでしたが、7人全員で歌うことでより多層的な世界っぽくなったのも良いです。

CMで見たとき、藤ヶ谷くんもっとこういう曲やったほうがいいよ!こういう曲向いてるよ!って心の底から思ったんだけどw 全員になるとたまちゃんの抑えたトーンの声とか北山の声だけでもわかるぶりっ子っぷりとかも映えてて楽しい。が。藤ヶ谷ソロは藤ヶ谷ソロでどっかに音源収録すべきだとは思うけどまぁそれはそれだわ。Gravityのカップリングではあんま聞いてなかったから主にコンサート前にアルバムで聞いてたんだけど、最初は「あ~これCMのやつか~」って流してたのにある日突然「あっ私これめっちゃ好きなやつじゃん!!?」って気づいてからずっとリピートしてたw ほんとうっかりこっちが恋する…キミキセもそうだけどキスマイはこういうアイドルどまんなかなこともきっちりできるポテンシャルがあるもんなぁ。ずるいよなぁ。

第4位「証」北山宏光藤ヶ谷太輔

私が“シンメ”というものに見ていたい夢がたぶん全部詰まっている曲。そしてそれはこのふたりが歌うことで、楽曲そのものが持っている以上の意味を持ってしまっているんじゃないかと思う。好きなシンメがあるジャニヲタは各自当てはめてみるべきだと思います!!

ついったー発表時のピックアップコメントに採用されててなんかいろいろ申し訳ないなって感じだったけど、ぶっちゃけ書いてる段階で文字数的にももしかしたら拾われるかもなとは思っていたw とりあえずは該当担のみなさんにもあんまり怒られてはいなかったのでよかったです…w まー「私が“シンメ”というものに見ていたい夢」って別にそんなにたくさんはなくて、要するに“特別な椅子を用意しておいてほしい”ってことに尽きるんだけど。わりとそこにどんぴしゃだったし、そのどんぴしゃを出してきたのがこの人たちなのが!!もう!!(ダンダンッ …って感じですわw

第5位「Re:」

5周年という微妙に早すぎるような気がしないでもないタイミングでの記念楽曲ですが、このタイミングだからこその自然体な感じが良かった。こういうアニバーサリー楽曲ってその時点でのグループの色やスタンスが色濃く出ると思うので、何もかもポジティブでもないけれど過剰に湿っぽくもならないこの曲の温度感は非常に心地良いし、グループ自体が今すごくいい雰囲気なんだろうと感じられて嬉しかったです。それがもともとはメンバーそれぞれのてんでバラバラな内容だった手紙を、宮田くんを中心にゆるやかに活かしてまとめたものだと言うのも良いなと思う。

なんかこういうの、別に私が票を入れる必要もないかなとも思ったけど、私が聞いても良いなと思ったのでとてもよい記念曲なんじゃないかと思うよ!ほんとこの手の記念楽曲それも本人作詞って、めちゃめちゃグループの色出るじゃん。“此処からいなくならないで”*1とか!“てずてってとって”*2とか!さぁ!そういう意味でいうとこれは最初ファンに向けてなのかメンバーに向けてなのかが微妙に視点がズレててよくわからんな~って感じもあったんだけど、聞いてるうちになんか対象が誰かって問題じゃないかもなぁと思えてきたというか。なんかどっちでもそう変わらなくて、どっちにしても結構誠実だと思うんだよね。そう、案外誠実なんだ今のキスマイ。それはもしかしたら最終的にこの詞をまとめた宮田の誠実さなのかもしれないけど、そういう役回りを宮田に任せたこと含めて結構好きだぜ今のキスマイ!

次点は「Dancing Star」「Kiss魂」「Brand New Season」「Thank youじゃん!」あたり。

*1:「~此処から~」(V6 20周年)

*2:「愛言葉」(NEWS 10周年)