読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Can't take my Eyes off …Who?

There's nothing else to compare

答えは いつも 薄情な涙の味しかしないけど

ジャニーズ銀座2015 Jチーム(2015/5/12・14)

コンサートレポートの書き方なんてもうすっかり忘れてしまっているんだけれど(笑)なんとなく見ていたものとか、感傷とか。

<MC>

  • ジャニ銀運動会
    • 風船割り
    • 大縄跳び
    • 綱引き

<MC>

  • 悪魔な恋
  • Give me...
  • T.A.B.O.O
  • Loveless
  • Anniversary
  • 秘密
  • NYC
  • ブレイクダンス
  • Party Don't Stop
  • キ・ス・ウ・マ・イ~KISS YOUR MIND~
  • Burning Love
  • PERFECT
  • 僕はVampire
  • ありがとう

Enc.

  • ぶつかっちゃうよ
  • 完全マイウェイ
  • スキすぎて

W Enc.

  • ズッコケ男道


12日は前列下手サイドブロック、14日は後列下手サイドブロック。
前列だとスピーカーで端が結構見切れていた…特に運動会。


※主語がないのはだいたい髙橋颯くんの話です。

トラメ~ワイハ。Sexy松は赤ベストに赤パンツ。たじふうあむれあは赤ベストに白シャツ白パンツ、ヘッドセットマイク。12日の4人は嶺亜ちゃん以外とにかくシャツが外に出てきてしょうがない(笑)挙武はFIRE BEATで階段上がりながら直してたので多少マシだったけど、最終的にたじーは腰回りごわごわ、颯くんは完全にべろーんって出てきちゃってる。14日は全員だいぶマシだった気がする。ていうかほんと全然乱れない嶺亜ちゃんが逆になんなの、すごいね?
トラメはサビはオリジナルの振り付けほぼ完コピ。声出しの煽り(要するにフォイフォイ係)は主に松倉。
トラフィックジャムは全編オリジナルかと思ったけど、聡ちゃんの「薔薇色の日々」によるとAメロは振り付け直したと…?まぁそう言われれば確かにというか、横アリは移動しながらだったしね、見せ方は変わるはずだわ。横一列で電車ごっこじゃないけど、両手を隣の肩にのっけてたのはここだったかしら。
トラフィックジャムからFIRE BEATへの表情の切り替えがかっこいい。ばちんってスイッチを入れ替えると言うより、音に合わせてスッとモードをシフトする感じ。ここのイントロでたじふうあむれあの4人は段の上に登って、一斉に下に飛び降りる。あまりスペースに余裕もないので、凝った飛び方してる子はたぶんいなかったと思う。ヘドバンは12日はヘッドセットマイク気にしてかやや抑えめ。14日はコツを掴んだのか多少激しめ。ただ夏祭りの時から相変わらず圧倒的に低いので、14日は私の席からだと2回めのヘドバンが聡ちゃんにダダかぶりして頭がほとんど見えないっていう…あの身長差で見えなくなるっておかしいね?最高だね?12日はたじーが右手でヘッドセットを押さえながらぶん回してたけど、14日は押さえてなかったかなぁ。1番のサビ後、突然ぶっこまれた挙武ちゃんのラップにびっくりしてちょっと唖然(笑)ごめん何言ってるのかひとつもわかんなかった…ごめんね…。14日のMCで間奏のロッキン*1は颯くんの振り付けとの情報が…!ちょっとそこ意識して見てなかったよ!!もうちょっとはやく教えて!!
ワイハは前奏のマイクスタンドの扱いとか、ア~の部分の割り振りとかの違いはあるものの、あとの振り付けはほぼ完コピ。復習したので間違いない(笑)颯くんア~は4回目…っていうか、正確に言うと8回目?さすがに嵐担のふたり(松倉と挙武)が活き活きしすぎである。マイクスタンドを持つ振り(“明日は明日の風にまかせ”のとこ)はヘッドセットマイク組はなんとなく体の角度だけ合わせてた感じ。そこの颯くんは足をすごい高さで大げさに上げてるんだけど、床にバンッと打たずに爪先からソフトランディングするように打ってるのがさすがすぎる(笑)

メンバー紹介はたじ→れいあ→あむ→ふう→まつく→げんた→そう、でソロダンスと名前のコール。ひとりひとりちょっとずつBGM違ったのが細かいよね。いつもそうだけど颯くんが紹介されるとき周りの子たちが「Fuuuu~!」って言ってくれるの超好き。ふーふー!コールの音頭は主に聡ちゃんだけど、なんか「まつく」のテンポが変ですっごい言いづらかった…たぶん普通に二拍で「まつ・く」にすればいいとこを「チャチャチャ」的な感じで「ま・つ・く」にしちゃってたのかな。
ここで聡ちゃんからちょろっと「松松のふたりが見せてくれますよ~」みたいな紹介。

青春アミーゴ。下手の上段にまつく・上手に元太→上段中央で合流してサビ→階段降りて下でラスサビ、的な。もうこれ私ツイッターでなんっども言ったけどふたりとも喉発声すぎるからおうたの練習しようね。多分音程は悪くないんだけど。サビの振り付けは“Si”とかは一緒なんだけど、最後の“旅立つ日の綺麗な空”の親指合わせはなしで背中合わせ。14日のラスサビだけなんかお互いの頭に触ってたけど世界観守るなら守ろうねと…思いましたけど…。あと超気になってるのがラスサビの後半、“思い出した景色は~”のところがなぜか当時のバックの方の振り付け。なんでだろう?

BYAKUYA。雷の音(イントロ)が鳴ってフードを被ったいかにもなひとたちが登場、びびる松松。12日はなんかちょっと台詞みたいなの入ってた気がするけど14日はなくなってた。けど全体的に小芝居じみてるwフードの中身はまぁたじふうあむれあですね。4人はステージ上でフード被ったままちょっと踊って、歌い出しと同時に12列前のお立ち台に照明がついて聡ちゃんがバンッと登場。黒い七分袖パーカーみたいな衣装。その時点でステージの人たちはハケる。Aメロはそのままお立ち台で後ろと前と両方に向けて歌う感じ。なんか不敵…ってほどでもないんだけど、余裕のある感じの笑みがかっこよかった。あとこの曲オリジナルはにゅーすさんのそれぞれにクセのある歌声がどこか歪な雰囲気を盛り上げてると思うんだけど、聡ちゃんの歌唱はそれに比べるとすっごくサラっと、まっすぐ、キレイな歌声。声の伸び方が非常にキレイ。そのキレイな歌い方が聞いてるうちに逆に空虚にも感じられて、オリジナルとはまた別の面白さがあった。
Bメロで歌いながらステージに戻って、サビでたじふうあむれあも登場してダンス。たじふうあむれあの衣装は黒に斜めにシルバーのラインが入ったベスト・白シャツ・黒パンツ。で、この振り付けがね!!聡ちゃんが自分で振りつけたとのことですが、まーとんでもない。上方向の跳ねたり落ちたりするような振り、横方向に手を伸ばして後から体を持っていくような振り。どれもこれもかっこいいしどれもこれも颯くんの得意なやつだと思うんだけど、ごめん正直一番ガツンと来たのはサビの“ah ah”で腰を回すとこです…表情とか指先とか首の角度とか青白い照明に浮かぶ肌の質感とか思い返すと私の手が震える。あかんやつあれ。
あとサビの最後の“BLACK&WHITE ah…”のところは片手を腰の後ろに回した状態で、頭の上から糸で吊られてるような感じで前後に体を傾けるんですけど、ここのバランス感覚はやっぱ颯くんすっげぇ。ここほとんど体の横を見せる状態になるので、細身の黒ベストに挟まれた身体の薄さがたまらん。ていうかみんなびっくりするくらい細いけど。この振りはマリオネット的なイメージなのかな?
間奏で集まって踊ったあと、サビ前で4人はハケる。最後の音に合わせた聡ちゃんの一礼も世界観的にめっちゃいい。

12日はここで上の段に松松が登場してそのままリアフェだったんだけど、13日以降猫中毒が追加。イントロのにゃーで薄暗い中にゃーだけして去って行く聡ちゃん…w1回しか見てないせいか私の記憶もとっちらかってるけど、流れとしてもパフォーマンスとしても割りととっちらかってませんでした…?wなんかBメロあたりでれいあちゃんにじゃれつく3人、中でも執拗な腹への攻撃を仕掛けてた挙武とか、四足のまますごいスピードでステージ上をぐるぐる走ってた颯くんとかそんな断片的な記憶…あ、れいあちゃんのスケボーはあったのは覚えてるけど!振り付けはオリジナルの面影はかけらもなかったと思うけど、サビでみんなでにゃんにゃんはしてた…かなり、にゃんにゃんしてたw

リアフェ。12日は先述の通り、14日は3人で一緒に登場してたかなー?松松は青スーツ(えびのお下がり)、聡ちゃんはソロのときのまま。4人も黒ベストのまま。ラップは階段のところで挙武がきっちりやってたけどやっぱ何言ってるのかよくわかんない…って普通にオリジナルのだったとは思うのですが。これ多分、滑舌というよりラップのときのマイクの使い方の問題な気はするかな。颯くんはこれのラップ全部いっしょに口パクしてたw舌打ちはSexy松3人。そんで14日は確認出来なかったから幻かと思ったけど他所のレポ見てるとそうでもなさそうなのは、12日のときはサビのフェイクっていうかコーラスっていうか、入れてたよね?めっちゃ声伸びてた。

Jr.メドレーはSAMの歌い出しの川崎くんと金田くんが生歌なのにびっくり。正直情熱JUMPまではだいぶぼんやり見てたっていうか、ちびっこ×洋楽=大人の事情、としか思えないじゃん…?最近はそこそこ慣れたというか諦めたけど、基本私ショタには傾倒しないので…
情熱JUMPは私おじゃんぷさんの曲の中でも一二を争うくらい好きなのでちびっこだろうとテンション上がってたんですけど、途中からたじふうあむれあの4人も上段のところに出てきて更にテンション上がった。下手から、たじ・あむ・ふう・れいあ、かな。全員白パンツ、中のTシャツの色がそれぞれ違う。あと颯くんだけジャケット長袖だった。最初はスッと出てきて待機してたんですが14日の颯くんの構えがな…右膝を立てて左膝を直角について背筋伸ばしたまま客席に対して斜め左を向いていつでも動き出せるような姿勢で待ってるのがアサシンっぽくて超興奮したw歌い出してからはサビ×2。1回目はなんか違う振りだったけど、最後のサビの頭の後ろあたりで指をくるくるする振り付けに見覚えあるなぁと思って後から確認したらやっぱオリジナルの振り付けだった。

ズッコケ男道でSexy松も登場、えびお下がりの青スーツ。サビの振り付けは基本同じ…だと思ってたんだけど、なんかちょいちょい手を振るタイミングが違った気がするのは気のせい?ここは割と颯くんがフォイフォイ係してた気がする。“じゃがいもみたいな面さげて”は12日はぷくーってしてた。なんかその日のレポでそこのパートのれいあちゃんが笑顔で客席指してたって聞いて14日は気にして見たけどふつうにニッコニコしてたwれいあちゃんは“ブンブン”がかわいい。


MCと運動会は長くなるので割愛。


後半はMCからの流れで、青春っぽい曲を歌います、という感じで客席降りの悪魔な恋。歌い出しは元太、次が松島+松倉で間奏明けに松倉→松島のソロ。聡ちゃんあの音程低くなるとこもちゃんと歌えてた。Sexy松の皆さんは全体的に小さいから客席降りすると埋もれるよね…。というわけで両日端っこ席のわたしは基本横揺れするだけの休憩時間。
1曲かけてぐるっと回ってステージ上に戻ってからGive me...。映像も含め何度も見てるけどやっぱSexy松にとってのキラーコンテンツなんだろうなこれ…それが北山ソロってのも面白いけど。何度も見ている分ダンスの上達具合が顕著に見て取れるのは楽しいね。特に松倉が夏祭りの頃に比べてぐっと大人っぽいダンスをするようになったなぁと思って見ていました。なのに汗びしょびしょで前髪が額にはりついちゃった顔が超バブいのでギャップがひどいw

ここまで座ったままだったのでいつ立つのかなぁとソワソワしてたら聞き覚えのありすぎるイントロが流れて、しかもステージ上段から出てきたのが挙武ちゃんで興奮して思わず立った。T.A.B.O.O!わたし興奮するとゲラゲラ笑い始める性質があるのでお腹抱えて笑った勢いで立ったごめん。12日は白シャツに黒タンク黒ハット黒パンツだったけど14日に見たらノースリデニムに赤インナーと黒ハットに変わってたんだけどいつからなんだろう。白シャツにハットだとすごいMJ…潤くんっぽかったんだけど、ノースリ+赤って櫻井さんに寄せた?でもやっぱり振り付けの雰囲気は潤くんっぽい。ムーンウォークっぽいのとかしてた。構成はイントロ長め…っていうか、イントロからインストを引き伸ばしてダンスしてからの1番+サビ。ラップはなし。ダンスの途中でハットを袖に投げてた。
あむの後ろからたじーと颯くん・嶺亜ちゃんが出てきて、たじーソロのLoveless。赤ジャケット衣装でふうれあはヘッドセット。サビまではふつうにたじーのソロ歌唱。たじーってしゃべると意外と声低くて毎回びっくりするんだけど、歌う声はわりとビジュアル相応の声だった気がする。
アニバはステージ上段で、ダンスなしの元太のガチ歌唱、なんだけどこういう曲は基礎力が出すぎるな!Aメロとか声出てなさすぎてちょっと聞いてるのつらかったのでなんで元太これ選んだんだろってずっと思ってた。いやイントロでなんか喋ってはいた、けども、気持ちというより適性的な問題として。途中で颯くんが下手から出てきてソロダンス。系統としてはコンテンポラリー系というか、ジャニワで五関さんとか宮近先生とかがやるようなアレ。手を伸ばす動作ひとつ取ってもものすごく伸びやかで美しいんだけど、あまりに情熱的すぎて曲との相性はイマイチ。ただほんっとに感情乗せまくってて14日とかもはや激情に近い圧があったので、ずっと見ているとこっちがエネルギー吸い取られそうでこわかった。こわいんだけど美しいから見てたいんだけど…!!みたいな葛藤…!
この辺の流れのせいで色々気持ちの整理がつかないままアニバが終わったところでの松倉の秘密はただひたすらにキュートで元気でショタで、なにより松倉がすんんんごい嬉しそうで浄化された…っていうか、ほんと期待通りすぎて超楽しかった。これもわたしゲラゲラ笑いながら反射的に踊ってた(こわい)意図的ではないだろうけど松倉の衣装も上下黄色*2。振りはほぼ完コピだと思うけどもしかしたらイントロはちょっと省略してたかも。14日はなんか「僕の尊敬する二宮和也くんの曲です!みなさん、キュートに盛り上がってくださぁい!」とか言ってたけど正直あのステージにいる人たちよりキュートに盛り上がるのは至難の業ではないだろうか。とにかくそれくらいちびぷち8人(最初は6人)つけたステージ上のキュートさが爆発していた。楽しい。
松倉と揃いの黄色上下で聡ちゃんと元太も登場してNYC。ひっさしぶりに“Sky High!”やると超楽しいね!構成は元太らしいけど、えーとパートによってセンターくるくる変えてたような記憶はなんとなく。少なくともサビの振りは完コピ。“Kiss Me Baby.”のとこは聡ちゃんまんなかで、元太はぐいぐい行って松倉はちゅー顔向けてたんだけど、14日に松倉が完全にほっぺにぶっちゅーって行ったのにびっくりした。松倉ってそういうのやるの…!?

ブレイクダンスは、例の、チーム武のBGM。オレンジとか水色とか緑とか色とりどりのTシャツ着たちびぷち引き連れた赤Tシャツの颯くんめっちゃかっこいいけど、まぁこれをソロと言われると…?はて…?みたいな気持ちにはなる。少クラとかだと1曲にひとつぶっこむような大技を3つくらいやってたけど、代名詞ともいえるヘッドスピンがなかったのはなにか考えあってのことなのか、単に持ち物(ニット帽)の都合なのか。あ、ロンダートからのバク転は12日は片足ずつの着地だったけど14日はギリ両足着地だった。セクゾン横浜で琳寧と遊んでたときはキレイな両足着地だった気がするんだけど…あの時はもっと遠目で見てたからかなぁ。
パリドンはまぁ脳内で違う映像流すっていうか、ナチュラルに流れてきて自分でもびっくりした。別にちびぷちが嫌いなわけではない。

キスウマ~ラストまで。セク松は黄色衣装のままだったかな?たじふうあむれあはキスマイお下がりの銀に紫のラインのジャケット。聡ちゃんが薔薇色~でここが好きって言ってたけど、私もここはちょっとおもしろかった。タイプの違う曲を尺短めでたたみかけてくる展開、しかもあんまりあの子たちのイメージにない感じの曲も含めての緩急がいい。
キスウマはステージ上段中央に7人ぎゅっと集まってのちゅー顔から。颯くんは一番下手側なんだけど14日の最初の立ち位置が段の上ギリッギリ前に両足置いて足開いてててすごい怖かったんだけど…あれで隣と肩組んでてよく平気だよね…猫かよ…。これはサビの振りは完コピ。颯くんはキレが良すぎるのか“生粋のJuicy~”のあたりとかがなんか妙(笑)あと“純情 愛 本気~“のとこの指のピラピラ加減とか、ちゅっちゅっちゅーで手を切り返すときの爪先のステップとか、さすがよね(笑)これのラップというかAメロはなんかみんなで細かく分担してた。
キスウマの歌い終わりからほとんどぶった切るようにしてBurning Love、ほぼサビだけ。多分前に少クラとかガムシャラでメドレーやってたときより短い尺じゃないかな…“白い素肌いつか 汚されてしまう”のあたりしか聞いた記憶がない。
PERFECTはちょっと若さ溢れすぎてて眩しい。んでそこからVampireの切り替えもまた…表情と雰囲気の急旋回っぷりがすごい…んだけど、意外と力の抜けた感じというか、FIRE BEATとかBYAKUYAあたりよりは多少サラっとかっこいい感じだった気がする。全体的にセク松を半円のまんなかに囲むようなフォーメーション。サビの最後の“Burn!Burn!破裂しそうなんだ”のとこで聡ちゃんセンターで膝立ち?中腰?で取り囲む感じがおもしろかっこいい。でもこれやるならあのVampire(吐息)がないとなー物足りないなーw

ありがとうはイントロのところで締めの言葉、みたいな。初日ここで時計見たら19時ちょっと過ぎとかでマジでびっくりした。なんぼ中学生いるからとはいえ早くない!?14日はもうちょっと延びてたんじゃないかな。ステージ上段、下手からふうあむれあたじ。サビとかのカッコ内の、あの早口パートはたじふう…?と思ったけどラスサビは4人でやってた?なんか意外とパート割がごちゃごちゃしてたような。とりあえずあむがちょいちょいうろ覚えなのは見たよw
ラスト幕が降りるまえにセク松3人それぞれからご挨拶。12日に元太に「Sexy松としてできて~」みたいなこと言われたときにものすっごい「???」ってなってたけど、この辺の感情は書き始めるとめんどくさいので割愛しますね。あと14日は挙武がずぅ~っと上手バルコニーに観劇デート見学に来てたじぐいわに向かってアピールしまくってて目にうるせぇwどっちかと言えば岩橋さんのほうが楽しそうに返してたっていうかそのやりとりを半笑いで眺めたりたまに返したりする神宮寺さんが余裕のある彼氏すぎる。何の話。

アンコールは12日は完全マイウェイから。自分が前列だったおかげもあって、近くに来るとスピーカーから聞こえる音のさらに横から、声を伸ばしてる颯くんの地声がすごい聞こえる。肺活量!後ろにいるちびっこを前に出そうと背中押したり、階段の上から奥の方を見上げたり、相変わらずの視野の広さだし空きスペース見つけるの上手い。
ぶつかっちゃうよは前半は振り付け無視でひたすらわちゃわちゃ、最後のサビで横一列で全力の振り付きで。聡ちゃんの「好きだ、バカ」はちょっと照れが入った感じ。逆にリアルじゃんなに考えてんの!
14日はぶつかっちゃうよが先だったので、幕が上がると同時に床に積まれてる皆さん…!か、かわ、いい…!しかし後半横一列になるとこで盛り上がりすぎて立ち位置つくの忘れる颯くん。まぁ、あの子よくあるよね(笑)
スキすぎて。14日にイントロのあたりで突然なんかラップかますのでびっくりしたし、ステージのまんなかで突然マックスかましたのもここか。しかしラップは何言ってるかはよくわかんなかったごめん。サビでのおなじみの高速回転は健在なんだけど、いつもはグーで回してることが多いけど今回はちゃんと人差し指立ててた(笑)サビ以外はみんなあんまり振りやってなかったけどバックのちびっこはやってたのかなあれ。あと私の幻だったら申し訳ないのですが12日はどっかで嶺亜ちゃんが挙武の顔覗きこんでてちょっとふたりの世界構築しかかっててええええってなった…れあむ…。14日は12列前に7人でお立ち台。ちょうど颯くん周辺ブロックだったわけですが、なーんか奥の方をやたら見てるなとは思ってたけどよく考えたらカウアンだなあれ…。あとは周りのお客さんの顔を覗きこんで振り付け強要したり…それもよくあるよねあの子(笑)その後ステージ戻って幕が降りるまでの間もちょいちょい下手奥に向かって裏ピース向けてドヤ顔してたの、あれもまぁたぶんカウアン向けだわな。こわいからカウアンの表情は確認してないw
あとどの曲だったか忘れたけど、14日に階段に座った颯くんの1段上に嶺亜ちゃんが座って肩を抱いてたのが良かった。珍しく嶺亜ちゃんがお兄ちゃんに見えた。颯くんちょーっとにやにやしてたよね?
アンコールについてはここにセクゾン曲を放り込んだのは意図的だったと松島さんからネタばらしがありましたけど、ほんとこの構成・流れは大正解だし大天才だったと思う。こういうところに構成力が出るんだよ!

Wアンコール。初日に聡ちゃんがアンコールありがとう!とか言うしスタッフさんの感じからしても最初からダブル来るのは予想外だったのかなと思うんだけど、だって12日アンコール終わった時点で19時20分とかですよ!?3公演しかないのにもうちょっと見せてくれよって思って結構必死でコールしたわ…
前列端っこだった12日、スピーカーの上あたりに来たときにちょうどそこらへんのブロックを覗きこんで手振ってくれた。全体的にドヤドヤした動きなんだけど(笑)少しだけふにゃっと眉下げた表情がちょおおおおかわいかったです。14日はあむちゃんとわちゃわちゃしてたような記憶はあるw

14日のトリプルは緞帳前にSexy松の3人。これに関してはまぁ、あんまりいんたーねっつで言えることじゃないかなーHAHAHA。終わってからずっと、タイトルに入れた「ズッコケ男道」のフレーズが脳内リフレインしていた。だから最終的な私の印象はそれw

*1:って言葉としてはロックダンスのことだと思うんだけど説明的にはブレイクの床技とか言ってた

*2:夏祭りのSexy Boyzコーナーでじぐいわが着てたやつだけど、元はどこのなんだろう…私が知らないからじゃんぷかな…